2020年07月22日

英検1級対策の基本方針。傾向と対策を学ぶのが重要

TOEICと並んで知名度の高い英語のテストである英検。

社会人であれば、受けるのは英検準1級または1級になります。英検準1級より下は就職においてはまず評価されないといっていいでしょう。新卒なら準1級でも評価対象ですが、転職なら1級以外はほぼ評価されないと言い切ってよいレベルです。

しかし英検1級は、英検の中でも最上級の難関。持っている人も少ないため、どう対策していいかわからない人も多いと思います。

そこで今回は、私自身の経験から基本的な勉強法を紹介していきます。


【この記事を読む】



posted by trinder at 20:09| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

TOEICリーディングの心得 PART5~7

TOEICは前半のリスニングと後半のリーディングに分かれています。

前半は次々と流れてくる音声を聞いて、答えを書いていく形式です。かなり忙しいですが、音声側がペースを作ってくれているとも言えます。時間が足りないということはないはず。

一方、TOEICの後半はリーディング(読み取り)問題となっています。時間は75分、問題数100問。今回は、このリーディングパートを解くにあたっての基本的な心得を紹介します。リスニングとは様々な点で異なります。


【この記事を読む】

posted by trinder at 18:57| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

難易度を比較!英検1級・TOEIC900・通訳案内士

世の中にはいろいろな英語の試験があります。社会人にとってはTOEICと英検がメジャーでしょう。

英語学習者の間でときどき話題になるのが、TOEIC900と英検1級はどちらが難しいのかということ。そこで今回は、これらの試験の性質や難易度の違いを私なりに考えてみようと思います。
 
ちなみに、よく話題になる通訳案内士はまた違ったジャンルの試験です。最後に少し触れようと思います。
続きを読む

posted by trinder at 17:25| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月13日

TOEICのPART2(応答問題対策)

今回もTOEIC対策記事シリーズです。

TOEICのPART2は「応答問題」です。リスニングの中でも比較的対応しやすいほうかと思います。

まず短い発言(質問文であることが多い)が読まれます。それに対して3つの返答が読まれるので、会話としてかみ合っているものを選びます。


【この記事を読む】

posted by trinder at 16:23| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月02日

英検1級の英作文問題はどう解く?

英検がTOEICともっとも違う点の1つは、英作文があることです。どこから手をつけていいかわからない人も多いと思います。そこで今回の記事では、英作文にどう取り組むべきかを検討します。

最初に解く

まず最初におすすめしておきたいのは、最初に手をつけるということです。英作文に何分使うべきかは迷いどころですが経験上30分程度が適切です。

ですが英作文は筆記試験の最後にあります。行き当たりばったりで30分確保できる保証はないので、最初に解いてしまうことを強く勧めます。


【この記事を読む】

posted by trinder at 17:52| Comment(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。